スポンサードリンク

花粉症対策と洗濯について!!


花粉症の時期に花粉症の家族がいる場合は洗濯方法にも花粉症対策が必要です。

風が気持ちのよいよく晴れた日は洗濯日和ですが、洗濯日和は同時に花粉日和でもあることを忘れてはいけません。
また午後1時から3時は気温も上がり、洗濯物の最も乾きやすい時間帯ですが、それも同時に花粉が最もよく飛んでいる時間帯でもあるのです。
晴れた日のこの花粉の多い時間帯には洗濯物はできるだけ室内に干すかあるいは、乾燥機を利用するなどして花粉が付着するのを防ぎます。

しかし現実に毎日の洗濯物を室内に干すのは乾きも悪く、見栄えも悪く、また湿気に注意をしなければカビなどの発生する原因にもなり、室内に洗濯物を干す場合には湿度が55%以上にならないように注意を払う必要があります。

どうしても外に干す場合には花粉の多い時間帯は避けて干し、取り込むときにはよくはたくようにします。
専用のブラシや粘着テープを利用して取り除くのもひとつの対策です。

衣類だけでなく布団やシーツも外で干すことは避けたいところですが、花粉症の季節に全く外に干さないのは衛生的にも心配です。
外に干す場合には花粉の進入を防ぐ布団カバーにいれる、また部屋の中に取り込む際に清潔な吸引口を取り付けた掃除機で花粉を吸い込むなど注意が必要です。



花粉症対策はここでも記載していますが、寝具は顔や皮膚に直接触れるうえに、睡眠している長い時間をその中で過ごすものなので厳重に花粉からガードすることが必要です。
布団の中に入り込んだ花粉は掃除をしてもすべて取り除くことはほぼ不可能です。



花粉症対策はここでも記載していますが、最近では衣類や布団用に花粉防止スプレーが市販されており、花粉がついても軽く払うだけで簡単に落とせるとのことで花粉症対策に注目を集めています。






花粉症対策とヨガについて!!


花粉症対策として注目されているものにヨガがあります。

ヨガは最近、健康やダイエットを目的として女性を中心にブームになりました。



一般的なヨガに、調身法、調息法、調心法の3つの方法があります。
ヨガは体のゆがみを正し、肩こりや疲労をとると共に、精神的にリラックスする効果があります。
心をリラックスことにより免疫バランスを整えます。
免疫バランスは花粉症の症状と密接に関わっており、実際にヨガを始めたことで花粉症の症状が改善されたという人がいます。

また、ヨガにはいろいろなポーズがあり、ホットヨガやパワーヨガなどいろいろな種類があります。
ヨガでとても重要なのが「呼吸」です。ヨガのポーズをする時の基本となる呼吸は、鼻から吸って口から吐き出す「腹式呼吸」です。
体の中にたまっている悪いものを吐き出し、新鮮な空気を吸い込むという考え方は、いろいろな病気に有効な呼吸法「鼻呼吸」に通じるものがあります。
ヨガは運動不足解消にもなり、自宅や屋内など花粉が飛んでいない場所でできるメリットもあります。

また、ヨガには「ジャラ・ネーティ」という鼻の浄化方法があります。
食塩水によって鼻の中を洗浄する方法で、「鼻うがい」と似ているものです。
鼻の粘膜保護の面から日本で「鼻うがい」は賛否が分かれていますが、ヨガで行われる「ジャラ・ネーティ」は歴史も長く、継続的に行うことで鼻の粘膜を丈夫にし、花粉やチリ、ホコリなどのアレルギー物質へ反応を抑えると言われます。
この方法を、日頃から練習することで免疫力そのものを高めていくことが大事だと考えられています。

この「ジャラ・ネーティ」を花粉症対策として取り入れる時にはヨガの指導者、耳鼻科医師などの指導を受けてから行うことが望まれます。


花粉症と妊娠中の対策について!!


妊娠中はホルモンバランスの変動によって、それまで花粉症でなかった人が突如、発症したり、症状がきつくなったり、逆に花粉症が治ったりすることがよくあります。
花粉症対策はここでも記載していますが、妊娠するまでは薬を服用、注射を打つなどして対策を打ってきた人も、妊娠中は、花粉症の薬の中に妊婦が飲んではいけない成分が含まれていることもあり、胎児への影響を考えると薬に頼ることは出来ないのが現状。


しかし、妊娠中という心身ともに繊細な時期に、花粉症のつらい症状を薬も飲まずに我慢することは、かえってストレスにもなり胎児にもよくありません。
妊娠中は自分の判断で薬を飲むことはせず、かかりつけの産科と耳鼻科の両医師と相談の上で、種類や飲む量をきめることがとても大切です。

花粉症対策はここでも記載していますが、
妊娠の期間中の花粉症対策は睡眠時間を十分とり、規則正しい生活と栄養のバランスのとれた食生活をすること、そして外出後は手洗い、鼻洗い、うがいを忘れないことなどがとても重要です。
ヨーグルトや甜茶などの花粉症に効果的な食品を多くとることも一つの方法とおもわれます。

また外出は花粉が多く飛んでいる時間帯や、気温の高い日、風が強い日はさけ、できるだけ雨の日や朝、夕方に済ませ、昼間や晴れた日の外出にはマスクやメガネ、帽子などで花粉が肌に直接付着しないように十分に注意を払うことが大切です。

そして安定期には運動をかねて、毎日こまめに部屋の中の掃除をするように心がけ、部屋を清潔に保ち快適に過ごすことは胎児にもよい影響を与え、また花粉症の症状緩和のためにもよいことです

花粉症対策と外出について!!


花粉の飛散時期に花粉症の人はできれば外出したくない気分ですが、現実にそんなことは言っていられません。
花粉の飛散時期の外出には十分に花粉症対策をして外出しなくてはなりません。。

花粉症の症状であるくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみは、目と鼻を十分にガードすることでほとんど抑えることができます。
その対策として眼鏡とマスクが必要です。
メガネは目の粘膜に花粉が付着するのを防ぐことができます。
最近、花粉症対策メガネも発売され、普段メガネをかけない人やコンタクトレンズを使用している人も花粉症の季節になるとメガネを着用することが一番の対策です。
コンタクトレンズの使用は目のかゆみや炎症を悪化させる恐れがあるからです。

また、肌の露出をさけることは花粉症対策の基本の基本です。


花粉症対策はここでも記載していますが、
髪の毛に花粉を付着させないためには帽子がたいへん効果的です。
髪の毛は花粉がつきやすい部分の一つで、髪の毛についた花粉は眼や鼻に落ちて花粉症を悪化させます。
長い髪はできるだけまとめて、つばのひろい帽子をかぶるとよいでしょう。

ツルツルした素材のコートをはおることで、花粉が衣類につくのを防ぎ、毛織物やセーターなどの繊維は花粉がつきやすいため避けた方が良いでしょう。
また、花粉ガードスプレーをしておくと花粉症対策効果があります。

マスクや眼鏡をしていても肌の露出がさけられない顔は、帰宅したらすぐに洗顔をして花粉をきれいに落とすことが大切です。

花粉症対策はここでも記載していますが、

化粧はベタベタして余計に花粉が付着し、化粧をする場合には最低限に抑えるようにします。

以上のように、花粉症対策として完全防備することは難しい面もありますが、できる範囲から実行していくことで少しずつ花粉症対策効果が得られるでしょう。





花粉症対策とアロマセラピーについて!!


花粉症の対策の一つにアロマセラピーによる方法があります。

アロマセラピーとは芳香植物の精油を活用して心身の健康を保つ療法です。
現在では香りや癒し効果にとどまらず、健康面でも幅広く有効に活用されています。

花粉症の患者に処方される薬は副作用の出るものが多く、副作用が生活に支障をきたす場合もあります。
副作用の少ないアロマセラピーは近年多くの医療機関などで取入れられています。

花粉症対策はここでも記載していますが、アロマセラピーの精油はアロマショップなどで手軽に手に入り、誰もが自ら取り扱うことができる点も魅力の一つですが、ただ、精油は薬と同等の機能をもつため慎重に取り扱うことがとても大切で、高齢者や乳幼児、子供、妊産婦などの使用にあたっては医師やアロマセラピストに相談の上で行うようにします。

アロマセラピーによる花粉症対策として以下ような方法があります。

目がかゆい時、精油をつくる際にできるフローラルウォーターでシップします。

鼻水、鼻詰まり、くしゃみなどの症状には粘膜の炎症を緩和するユーカリラジアタの精油をティッシュ等に落として吸入します。
またティートリー、カモミールをホホバオイルに薄めて首に塗ると症状が緩和します。

頭がぼーっとする時には、強壮刺激作用や神経刺激作用のあるレモン、ローズマリー、カンファー、ペパーミントのいずれかをティッシュなどに落とし直接吸入します。

喉が痛む時には抗菌作用のあるティートリー、ユーカリラジアタ、ゼラニウムなどでうがいをしたり、首に塗ってマッサージをします。

鼻のかみすぎなどで肌がかさつく時には、抗菌作用のあるラベンダー、新陳代謝を促進するゼラニウム、皮膚のトラブルを緩和するローズウッドで患部をマッサージします。

花粉症対策はここでも記載していますが、他にも花粉症に効果がある精油は多くあり、自分の好みや体調に合わせて香り選び、楽しみながら症状を緩和していくことがアロマセラピーの目的といえます。



花粉症対策とハーブについて!!


ハーブは自然療法の一つとして長い歴史があり、世界中で多くの人に信頼され、愛用されてきました。

アロマセラピーが植物の芳香成分を抽出してできた精油を活用するのに対し、ハーブ療法は植物全体をそのまま活用するものです。
ハーブは療法として用いられるだけでなく、料理のスパイスや化粧品の原料としても私たちの生活にとても欠かせないものです。

欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くからハーブが用いられていました。

花粉症対策はここでも記載していますが、日本でも近年、花粉症で苦しむ人の増加によって、ハーブの持っている力が注目されています。

その一つに甜茶があります。
甜茶の中の甜茶ポリフェノールという成分はヒスタミンの分泌を抑え、花粉症だけではなく、さまざまなアレルギーに対する効果があることが明らかになっています。

甜茶の他にも私たちの健康に役に立つハーブが沢山あります。
花粉症対策はここでも記載していますが、花粉症の症状の緩和に効果的なものには、エキナセア、エルダーフラワー、ネトル、ペパーミント、ユーカリ、シソ、ヨモギなどいろいろあります。
それぞれハーブには特性があり、自分の症状に合わせたハーブを選んでハーブティーやハーブ湿布などにして効果を得ます。
そして、ハーブの成分を抽出したサプリメントも多くの種類が出ており、手軽にとる手段として人気を集めています。

ハーブ療法は安全に行えば副作用はなく、自分や家族にできるケアとして、また自然の恵みを最大限に活かす手段として家庭や医療の中でこれからも活用されていくものと思われます。




花粉症対策と漢方薬について!!


花粉症の有効な花粉症対策の一つに体質を改善する方法がありますが、その手段の一つとして漢方薬があります。
漢方医学的にみると花粉症は体から鼻水、涙などの「水」が噴出している状態であり、つまり「水毒」であると考えられています。

花粉症の治療や体質改善を目的として処方される漢方薬には次のようなものがあります。

まず、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という漢方薬です。花粉症対策はここでも記載していますが、
花粉症に「冷え」は大敵ですが、これは身体を温めて寒気を取り除き風邪を発散する作用があり、冬の間の冷えが残っている花粉症患者の身体をこの小青竜湯で温めることによって症状を緩和させることができます。
また水様性の鼻水や涙目、咳にも効果があります。
花粉症では最初に処方されることの多い薬ですが、風邪や気管支炎、喘息など幅広く応用されています。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)は小青竜湯で体が十分温まらない時に、小青竜湯と合わせて用いられます。
体力の無い人や中高年にも多く用いられています。

衛益顆粒(えいえきかりゅう)は胃腸の働きを高めて、免疫機能を整える作用があります。
風邪の予防、治療に多く使われています。

八仙丸(はっせんがん)は口やのどの渇きを抑え、肌の乾燥やかゆみを軽減する作用があります。

他にも数多くありますが、漢方薬は西洋薬と違って「証」というものがあり、それによって処方を決めていきます。
服用の際には専門家の処方やアドバイスを守ることがとても大切です。花粉症対策はここでも記載していますが、

漢方薬は副作用がないと思われがちですが、「薬」である以上副作用はあります。
ただし自然の成分から作られているので、化学薬品と比べて非常に少ないということがメリットです。

花粉症対策と体質改善について!!


みんな同じように花粉を吸っていても花粉症になる人もいれば、ならない人もいます。
これは体質の違いによるもので、体質を改善することは花粉症対策の重要な一つです。
体質改善には特に日常の生活習慣を見直す必要があります。花粉症対策はここでも記載していますが、

食生活では肉類や乳製品を控え、魚や野菜、穀類を多くとるように心掛けます。
高たんぱく高カロリーの欧米型の食事ではなく、昔ながらの和食は体質改善にたいへん良いとされています。

また、不規則な生活や睡眠不足は自律神経の失調をおこし、体力も低下しますので十分な睡眠をとり規則正しい生活をすることもとても大切なことです。

体力の低下は花粉症の症状を悪化させてしまいます。

そしてタバコを吸う事は大気汚染の中に身をおいているようなもので、花粉症の症状を悪化させてしい、花粉症の大敵であるため辞めたいものです。


飲酒は一般的にはアレルギー症状を悪化させるものですが、赤ワインや日本酒を適当量飲むことは身体をあたためる効果があり、花粉症の症状緩和に効果的といわれています。
但し、ビールは身体を冷やし症状を悪化させる可能性があります。

また水泳、乾布摩擦、日光浴など適度な運動を継続的に行うことは体力もつき、ストレス解消にもなりますので、適度に運動しましょう。

体質の改善には漢方薬を利用する方法もあります。
様々な種類があるため、自分の症状や体質を専門医と相談の上薬の種類を決めます。

花粉症対策はここでも記載していますが、
花粉症と生活習慣は密接に関わっています。
常日頃からよい生活習慣、運動などを心掛けて過ごすことが花粉症に負けない体質をつくるのです。




花粉症対策とストレスについてです!!


花粉症の症状を悪化させる原因の一つにストレスがあるといわれています。

ストレスが原因による病気は数多くあって身体に悪いということはご存知だとおもいますが、花粉症もその例外ではありません。

花粉症は花粉という抗原に対して免疫力が過剰に働くことで起こってしまいます。
ストレスは抗原と似た働きをするため、ストレスを感じると免疫力が過剰に働きます。
免疫力が過剰に働くことで、ヒスタミンなどのアレルギー症状を引き起こす化学伝達物質を出しやすくしてしまうのです。

花粉症の症状は幅広い年代の間に広がっていますが、中でも働き盛りの30代から50代に集中しています。
30代から50代は仕事などで最もストレスがかかりやすい世代です。
花粉症の症状は免疫力も体力のある働き盛りの世代に多く、逆に免疫力も体力も低い高齢者にはあまり多くないといわれています。

ストレスを解消する方法は人それぞれいますが、自分の趣味を持ったり、スポーツをしたりするのもストレス解消の有効な方法です。
また笑うことでストレスを解消する「ユーモア療法」という療法もあり、これはがん治療にも効果を発揮しています。

また、芳香浴やハーブティーを楽しむアロマテラピーもリラックスでき効果的です。

そして十分な睡眠をとることはストレスをためないためには重要なことです。
自律神経のバランスを保つために遅くてもPM11時前には寝るようにしたいものです。

花粉症対策の為、花粉症の季節は症状がつらく、暗い気持ちになりがちですが、自分なりのストレス解消法をみつけてストレスを貯めこまないことが花粉症花粉症対策の一つといえます。



花粉症対策と掃除について!!


花粉症対策の基本は部屋の中をこまめに掃除をすることにあります。

花粉はどんなに部屋を閉め切っていても、わずかな隙間から侵入し、外干しした布団や衣類、外出から戻った家族からも持ち込まれています。
なので、できるだけ花粉の少ない快適な部屋で過ごすために、この時期は毎日の掃除を特に念入りにすることが大切です。

花粉飛散量が最も多い時間帯は昼の12時前から午後3時と日没直後とよく言われています。
夜の間は花粉は飛んでいません。
掃除は花粉の飛んでいない時間に済ませたいものですが、夜に掃除をするのは近所迷惑になり、湿度が高く、ホコリも舞い上がっておらず床に落ちている朝が部屋の掃除をするには最適な時間といえます。

花粉は部屋の中では走り回るなどして舞い上がらない限り床に落ちています。
床やカーテン、ソファなどに付着した花粉を取り除くには拭き掃除が一番よい方法です。


花粉症対策はここでも記載していますが、
部屋の中で花粉がつきやすい場所は窓際付近、静電気のたまるテレビやパソコンの画面、洗面所やお風呂にも意外に花粉が付着しています。
カーテンやソファなどの布製品にはあらかじめ花粉防止スプレーなどを吹き付けておくのも効果的です。

掃除機は拭き掃除がしにくい場所などに便利ですが、花粉を舞い上げてしまうのが難点です。
また普通の掃除機では排気と一緒に花粉塵を室内に放出してしまい、できれば排気をカットする高性能の掃除機を使いたいものですが、それが使えなければ普通の掃除機の本体をベランダなど外に出して使うなどの方法がベストです。

花粉症対策はここでも記載していますが、
最近では花粉症対策の掃除グッズも多くでており、毎日の掃除に活用しながら上手に花粉症対策をしていきたいものです。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。