スポンサードリンク

花粉症対策とハーブについて!!


ハーブは自然療法の一つとして長い歴史があり、世界中で多くの人に信頼され、愛用されてきました。

アロマセラピーが植物の芳香成分を抽出してできた精油を活用するのに対し、ハーブ療法は植物全体をそのまま活用するものです。
ハーブは療法として用いられるだけでなく、料理のスパイスや化粧品の原料としても私たちの生活にとても欠かせないものです。

欧米ではアレルギー性の症状を緩和する手段として古くからハーブが用いられていました。

花粉症対策はここでも記載していますが、日本でも近年、花粉症で苦しむ人の増加によって、ハーブの持っている力が注目されています。

その一つに甜茶があります。
甜茶の中の甜茶ポリフェノールという成分はヒスタミンの分泌を抑え、花粉症だけではなく、さまざまなアレルギーに対する効果があることが明らかになっています。

甜茶の他にも私たちの健康に役に立つハーブが沢山あります。
花粉症対策はここでも記載していますが、花粉症の症状の緩和に効果的なものには、エキナセア、エルダーフラワー、ネトル、ペパーミント、ユーカリ、シソ、ヨモギなどいろいろあります。
それぞれハーブには特性があり、自分の症状に合わせたハーブを選んでハーブティーやハーブ湿布などにして効果を得ます。
そして、ハーブの成分を抽出したサプリメントも多くの種類が出ており、手軽にとる手段として人気を集めています。

ハーブ療法は安全に行えば副作用はなく、自分や家族にできるケアとして、また自然の恵みを最大限に活かす手段として家庭や医療の中でこれからも活用されていくものと思われます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。