スポンサードリンク

花粉症対策とヨガについて!!


花粉症対策として注目されているものにヨガがあります。

ヨガは最近、健康やダイエットを目的として女性を中心にブームになりました。



一般的なヨガに、調身法、調息法、調心法の3つの方法があります。
ヨガは体のゆがみを正し、肩こりや疲労をとると共に、精神的にリラックスする効果があります。
心をリラックスことにより免疫バランスを整えます。
免疫バランスは花粉症の症状と密接に関わっており、実際にヨガを始めたことで花粉症の症状が改善されたという人がいます。

また、ヨガにはいろいろなポーズがあり、ホットヨガやパワーヨガなどいろいろな種類があります。
ヨガでとても重要なのが「呼吸」です。ヨガのポーズをする時の基本となる呼吸は、鼻から吸って口から吐き出す「腹式呼吸」です。
体の中にたまっている悪いものを吐き出し、新鮮な空気を吸い込むという考え方は、いろいろな病気に有効な呼吸法「鼻呼吸」に通じるものがあります。
ヨガは運動不足解消にもなり、自宅や屋内など花粉が飛んでいない場所でできるメリットもあります。

また、ヨガには「ジャラ・ネーティ」という鼻の浄化方法があります。
食塩水によって鼻の中を洗浄する方法で、「鼻うがい」と似ているものです。
鼻の粘膜保護の面から日本で「鼻うがい」は賛否が分かれていますが、ヨガで行われる「ジャラ・ネーティ」は歴史も長く、継続的に行うことで鼻の粘膜を丈夫にし、花粉やチリ、ホコリなどのアレルギー物質へ反応を抑えると言われます。
この方法を、日頃から練習することで免疫力そのものを高めていくことが大事だと考えられています。

この「ジャラ・ネーティ」を花粉症対策として取り入れる時にはヨガの指導者、耳鼻科医師などの指導を受けてから行うことが望まれます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92669293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。