スポンサードリンク

花粉症対策と洗濯について!!


花粉症の時期に花粉症の家族がいる場合は洗濯方法にも花粉症対策が必要です。

風が気持ちのよいよく晴れた日は洗濯日和ですが、洗濯日和は同時に花粉日和でもあることを忘れてはいけません。
また午後1時から3時は気温も上がり、洗濯物の最も乾きやすい時間帯ですが、それも同時に花粉が最もよく飛んでいる時間帯でもあるのです。
晴れた日のこの花粉の多い時間帯には洗濯物はできるだけ室内に干すかあるいは、乾燥機を利用するなどして花粉が付着するのを防ぎます。

しかし現実に毎日の洗濯物を室内に干すのは乾きも悪く、見栄えも悪く、また湿気に注意をしなければカビなどの発生する原因にもなり、室内に洗濯物を干す場合には湿度が55%以上にならないように注意を払う必要があります。

どうしても外に干す場合には花粉の多い時間帯は避けて干し、取り込むときにはよくはたくようにします。
専用のブラシや粘着テープを利用して取り除くのもひとつの対策です。

衣類だけでなく布団やシーツも外で干すことは避けたいところですが、花粉症の季節に全く外に干さないのは衛生的にも心配です。
外に干す場合には花粉の進入を防ぐ布団カバーにいれる、また部屋の中に取り込む際に清潔な吸引口を取り付けた掃除機で花粉を吸い込むなど注意が必要です。



花粉症対策はここでも記載していますが、寝具は顔や皮膚に直接触れるうえに、睡眠している長い時間をその中で過ごすものなので厳重に花粉からガードすることが必要です。
布団の中に入り込んだ花粉は掃除をしてもすべて取り除くことはほぼ不可能です。



花粉症対策はここでも記載していますが、最近では衣類や布団用に花粉防止スプレーが市販されており、花粉がついても軽く払うだけで簡単に落とせるとのことで花粉症対策に注目を集めています。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92670634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。